<< 薄っ | main | 桜 2008 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | Googleブックマーク このページを行き先登録 このエントリーを含むはてなブックマーク
ホワイトカラー・エグゼンプションや解雇の金銭解決の影に隠れて、「労働契約法」が2007年11月28日参院本会議で可決成立、2008年3月1日より施行が始まる。
自民公明だけではなく民主党も法案成立に賛成、反対したのは共産党と社民党だった。

それではこの「労働契約法」、いったいどういった法律で、われわれ働く者にとってどのような影響を及ぼすのだろうか?


■法制化の背景
「労働契約法」が論議されるようになった背景には、昨今の労働環境の変化があげられている。
例えば、終身雇用や年功序列といった日本的経営システムの崩壊が進む中で、雇用契約の個別化・短期化や成果主義・能力主義の導入が急速に広がったこと、あるいは労働組合の組織率低下にともなって集団的労働条件決定システムの機能低下が著しいことといった現状認識である。
その結果として雇用関係や労働条件に関して複雑かつ多様な衝突が労使間で急増しており、このような状況を解消するために労使双方にとって公平かつ透明な行動規範(ルール)として「労働契約法」が必要とされるようになったという(厚生労働省「今後の労働契約法制の在り方に関する研究会」より)。

実際に、各労基署やその出先機関への相談件数の推移(厚生労働省の発表データ)をみると、平成14年度から平成18年度で、総合労働相談件数が約1.5倍、民事上の個別労働相談件数が約2倍に増加していることがわかる。
労働相談件数の推移


■「労働契約法」の目的と原則
「労働契約法」の目的(第一条)は、「労働者及び使用者の自主的な交渉の下で、労働契約が合意により成立し、又は変更されるという合意の原則その他労働契約に関する基本的事項を定めることにより、合理的な労働条件の決定又は変更が円滑に行われるようにすることを通じて、労働者の保護を図りつつ、個別の労働関係の安定に資すること」だと定められている。
言い換えれば、労使間の自主的な交渉を通じた労働契約内容(労働条件など)の決定や変更についての諸原則を定めることによって労働者の保護と労働関係の安定化を図ることである。
「労働契約法」における労働契約における諸原則とは、]使が対等な立場であること、⊇業実態に応じて均等であること、仕事と生活の調和がとれていること、は働契約を遵守すること、ハ働契約に基づく権利行使の濫用をしないこととされている。

しかしこの法律よって、本当に労働契約における諸原則を前提としながら、「労働者の保護を図りつつ、個別の労働関係の安定」が実現されるのだろうか?


■「労働契約法」の問題点
1.労働法の理念との矛盾
「労働契約法」では労使の「対等な関係」を暗黙の前提としているが、そもそも労使の関係が「対等でない」からこそ、「労働基準法」や「労働組合法」が成立したのであって、いかにして「対等な関係」を保証するのかまったく「労働契約法」では定められていない。

2.労働条件引き下げの合法化
「労働契約法」において、合理的な要件という制約はあるものの、使用者は「就業規則」を変更することで労働者の同意を得なくても労働条件の引き下げが可能だと条文化してしまっている。
「就業規則」の変更については「労働基準法」に定められた手続きによるとされてはいるが、「合理的」でありさえすれば、会社側の一方的な都合で容易に労働条件を引き下げることのできる可能性が大幅に広がったといえる。

3.強制法規ではない
「労働基準法」から「解雇の濫用禁止」に関する条項が「労働契約法」に移行されたが、「労働基準法」は明確な罰則規定のある強制法規、一方「労働契約法」は民法なので何の罰則規定も存在しない。
つまり、解雇権の発動の関して、厳格な強制法規によって監督されていたときよりも、はるかにハードルが低くなったといえる。

その他にもさまざまな問題と危険性を抱える「労働契約法」。
そもそもこの法律が必要とされた背景とその問題への対応に関して、本当に必要とされたこととは、伊藤みどり氏(働く女性の全国センター)の意見陳述書にあるように「労働基準法の厳格化」と「労働組合法の強化」であろう。

労働者のみなさん、この法律をどう考えますか?
| union | 14:37 | comments(0) | trackbacks(5)Googleブックマーク このページを行き先登録 このエントリーを含むはてなブックマーク
| - | 14:37 | - | - | Googleブックマーク このページを行き先登録 このエントリーを含むはてなブックマーク
COMMENT
MARKS:
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません

コメントプレビュー停止
TRACKBACK
TRACKBACK URL:
「ワーキングプアと労働環境の実態」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
| ブログ意見集(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ | 2008/03/01 9:49 AM |
労働者名簿とは、労働基準法第107条、労働基準法施行規則53条で企業が作成を義務付けられている書類のこと。氏名・生年月日履歴性別住所従事する業務の種類(常時30人未満の労働者を使用する事業では記入しなくてよい)雇入れの年月日退職の年月日とその理由(退職
| 労働者名簿の様式リンク集 | 2008/03/06 5:48 AM |
労働契約法の精神を活かせば、個別の労働紛争を未然に防ぎ、良好な労使関係を築く礎となることでしょう。「労使の合意」「労働者への周知」「合理的な理由」。さぁ、フェアプレイでいきましょう。
| 労働契約のルールはこれだけ!労働契約法のポイント「フェアプレイでいこう!」 | 2008/04/30 9:13 PM |
542 名無しさん@明日があるさ 2007/06/08(金) 23:03:14 お前ら アホか 成果主義を導入した(特に大手)がどうなったか理解しているか? 自分の評価に繋がる業務しかやらず、同僚が困っており自分が知恵を貸せば 簡単に解決しそうな事でも、同僚の評価が上がる事と、上
| 残業「0」はイヤずら | 2008/05/19 9:26 PM |
失業保険は、以前勤めていた会社が雇用保険を支払っていた場合に限り受け取ることが出来ます。失業期間中に、ハローワークなどで申し込みをした人に再就職が出来るように職業訓練学校が用意されているので是非利用しましょう。
| 失業手当を受け取る方法 | 2008/05/22 1:07 PM |
SEARCH

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES

LINKS

FEED
TRANSLATION

FLICKR
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from boff_hiroshi. Make your own badge here.

MY FAVORITE NOIZE

RECOMMEND
マーケティングと生活世界
マーケティングと生活世界 (JUGEMレビュー »)
吉村 純一
This book is the book of macro marketing which is the most excellent in Japan.
渋谷
渋谷 (JUGEMレビュー »)
藤原 新也
「今的日本、つまりシブヤ的なるもの」・・・・
エスノメソドロジーである。

BBS
PROFILE
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

MOBILE
qrcode

ADVERTISEMENTS
paperboy&co.
ikiru