<< ・・・拾う神あり | main | 西へ西へ >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | Googleブックマーク このページを行き先登録 このエントリーを含むはてなブックマーク
睡蓮・朝この8月5日で6年が経とうとしている。
今年は仕事の都合で博多から京都へ列車に乗る機会が増えた。
乗るたびに6年前のあの日のことを思い出す。
周囲の雑踏はほとんど耳に入らず、視野もひどく限られていた。
「まだ逝かないで」とだけ心の中で叫びながら、列車の中で身動きひとつ取れなかった。

そう、あれから6年。

入れ替わるように「家族」が増えた。
新しい命は、夕食のときに仏壇に供え物をして手を合わせている。
彼は、その人を直接は知らない。
ただ、その気持ちがうれしいのだ。


さて、私たちは一体何を失ったのだろうか?とときどき思うときがある。
日々の生活の中で薄れゆく記憶をなんとつなぎとめようと必死に思い出そうとしているのかもしれない。
仕草、声、身振り、体温、匂い、「忘れること」は平穏を取り戻すことでもあり、また何かを失うような取引のようにも思う。
頭の中のどこか遠くから名前を呼ぶ感じに返事をしてみる。
もう存在自体がないのだけれども。

親戚や生前親しくしていただいた母のお友だちに電話をした。
七回忌のご案内をするために。
こういうことは何度やっても慣れないのだけれども、電話で会話をするとどこかホッとする。
「族」というつながりはときに煩わしいが、とても重要なつながりだと思う。

まだ墓はない。
今回もそのことについて親戚から小言を言われるだろう。
それもまた煩わしいけど、どこかうれしくもある。

あなたの息子はちゃんと生きているでしょうか?
| monology | 01:20 | comments(2) | trackbacks(0)Googleブックマーク このページを行き先登録 このエントリーを含むはてなブックマーク
| - | 01:20 | - | - | Googleブックマーク このページを行き先登録 このエントリーを含むはてなブックマーク
COMMENT
6年ですか。今年も夏が来ましたね。
よい夏でありますことを...
| speedy | 2008/07/25 1:41 AM |
コメントありがとうございます。
早いもので6年です。

メールでいただいた件、ちょっと真剣に取り組まねばならないなと思っています。
不出来な人間ですが、よろしくお願いいたします。
| 超・分会長 | 2008/07/25 1:28 PM |
MARKS:
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません

コメントプレビュー停止
TRACKBACK
TRACKBACK URL:
SEARCH

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES

LINKS

FEED
TRANSLATION

FLICKR
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from boff_hiroshi. Make your own badge here.

MY FAVORITE NOIZE

RECOMMEND
マーケティングと生活世界
マーケティングと生活世界 (JUGEMレビュー »)
吉村 純一
This book is the book of macro marketing which is the most excellent in Japan.
渋谷
渋谷 (JUGEMレビュー »)
藤原 新也
「今的日本、つまりシブヤ的なるもの」・・・・
エスノメソドロジーである。

BBS
PROFILE
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

MOBILE
qrcode

ADVERTISEMENTS
paperboy&co.
ikiru